噺館の工事は、8月末完成を目指し、急ピッチで進んでいます。
今日は土壁が塗られました。職人さんいわく「ここの土を使って今日のために30回以上、いろいろ試しました」とのこと、頭が下がります。
ビックリしたのは、午前中に塗った土壁を午後から削って磨いていく工程です。これで壁の表情を作っていくのだそうです。「一点ものですよ。同じものはどこにもありません。」とは親方の弁。
噺館もそんな存在になりたいなあ~。20200811_102858
20200811_101544