ここ連日の小屋の後片付け。
昔、家で使っていたんであろう和箪笥が邪魔くさい。はじめっから廃棄という考えだったのが、山形新聞での和箪笥を再生する「家具のヤマヒョウ」さんが取り上げられていた記事が、ふと頭をよぎりました。
“時間がゆったりと流れる”を売りにしたいと考えている噺館(はなしごや)の一組だけのゲストハウスに、昔家で使っていた年代物の和箪笥がきれいになって鎮座したら素敵だろうなあと思ったのです。
まずは、無料の出前診断をお願いすることに。
再生するだけの価値があるのかどうか、相当痛みが激しいし、どんなものでしょう?と恐る恐る尋ねてみると、箪笥にはその箪笥なりの良さがありますよというではありませんか?
よっしゃ、やってみよう!という気になったのでした。
20200214_120108