旧)館主日記|噺館(はなしごや)

山形県山辺町にあるイベントホールとゲストハウス「噺館」。館主が日々の出来事を綴っています。

2022年11月

ギタリスト・山下俊輔さんから、噺館でのリサイタルチラシが届きました。

12月17日(土)、「Let It Be」と題したビートルズカバーアルバム発売記念リサイタル(2回公演)を、噺館でやっていただけることに!
若かかりし頃大好きで聴いていたビートルズのサウンドが、山下さんのギターの旋律で新たに甦る。
12月という年の瀬に山下さんが奏でるビートルズ、うわぁ~聴いてみたいなあー。

received_831327311622546
20221115_134051

噺館出演の噺家の名入りんごたちが並びました。
これは、朝日町でりんごの樹オーナーになっている仲間の方が、噺館に飾ってくださいと持ってきてくださった取り立てりんごです。
その中の一つ談幸りんご、
談幸師匠の登場は、今度の日曜日11月20日、昼夜2回公演となります。
山辺町に落語を根づかせてくれた談幸師匠ですが、談志門下唯一の内弟子修行を経験された古典落語の本格派で、持ちネタは200を数える。埋もれた噺の掘り起こしにも力をいれています。
古典落語をじっくり聴く、秋のひととき、噺館で落語の楽しさを共有しませんか!
申込受付中です。

20221113_102838
20221113_103528
20221113_103005

子どもたちが続々と噺館へ。
落語芸術協会主催による「こども落語体験~ワークショップ&落語会」が始まる前の光景です。
落語家さんから見本を見せてもらって、実際に子どもたちが、太鼓をたたく、小噺をする。
それはきっと人生初の体験だったでしょう。
うまくできないのは当たり前、一所懸命やっている姿に皆から温かい拍手が贈られる。
和やかな雰囲気の中でのワークショップが終了、その後は会場を山辺町中央公民館ホールに移しての落語会、前座、二つ目、色物さん(紙切り)、真打登場と本格的な寄席の雰囲気を楽しんだ。
今回の経験を通して、この子たちの中から、第2の昇りんさん(山形県中山町出身:山形から36年ぶりの二つ目)が出てきたらおもしゃいなあ…。
落語芸術協会さん、貴重な機会をありがとうございました。

20221112_135327
20221112_140940

今週末12日(土)は、落語芸術協会主催による「こども落語体験~ワークショップ&落語会」が、山辺町で開催されます。
◾落語ワークショップ(会場:噺館) ※満員御礼
 小学生45名定員、満員御礼となりました。
◾落語会(会場:山辺町中央公民館集会ホール)
 ワークショップ終了後〈14:50~15:50〉に、
 実際の落語会をご覧いただけます。
 こちらはどなたでも参加OK。※入場無料
 〈入場には整理券(町中央公民館にて配布)
  が必要です。〉
 お気軽にお出でください。

20221105_124045
20221105_162018

ついに、昇太師匠、噺館の高座に初登場!
山形公演2連チャン、11月7日(月)は山辺どんぶり亭での独演会、8日(火)は噺館での「落語&お城トーク」でお楽しみいただきました。
故あって、私は昇太師匠の生を聴けずじまい。
その故を告白します。日曜日の朝、熱があったため一応と思い抗原検査キットで検査したところ、まさかのコロナ陽性。何で寄りによってこんな大事なときにとショックを受けながら、自宅隔離状態に。
困ったときにこそ、人のありがたみがわかる。開場前にボランティアスタッフが施設内の全てを消毒してくれた。その後は、私との電話のやり取りで準備を進めてもらうが、電話ではなかなか通じない。すぐ近くにいるのに行けずにもどかしい。
そんな状況にありながらも、スタッフのお力により、2公演とも穴をあけることなく、何とか無事終了することができました。
憎きコロナであるが、おかげでどんぶり亭や噺館の催しが、みんなの力でできているんだと改めて実感、別の感動を覚える日となった。
それにしても、一之輔師匠の時のダブルブッキング、そして昇太師匠公演を直前に控えての私のコロナ陽性判明と、心臓に良くないですねぇ~。

1667912789341
1667912790268
1667912790663
1667912812050
20221108_152306


↑このページのトップヘ