館主日記|噺館(はなしごや)

山形県山辺町にあるイベントホールとゲストハウス「噺館」。館主が日々の出来事を綴っています。

2022年10月

会場として使ってもらって嬉しい。
“山形落語情報ポータルらくごやま”の主催による「立川吉笑真打計画」が、10月29日に噺館で開催された。
今勢いのある若手落語家の吉笑さんの新作が、何ともおもしろい。奇想天外な発想で練り上げられた新作たち、それを見事に表現していく、まさに吉笑さんの世界。
大笑いしながら才能を感じた。
117人の中から予選を勝ち上がった6人によるNHK新人落語大賞の本選が、10月31日(月)に控える。
吉笑さん、いけるんじゃないかなー、
大賞獲れたらいいなあー。
結果が楽しみです。
https://www.nhk.jp/p/ts/Z9Y7Q7754G/

20221029_161336







“立川吉笑 真打計画”と題した全国ツアーの山形公演が、いよいよ今週末29日(土)に噺館で!主催は、山形の落語情報をくまなく発信している“山形落語情報ポータルらくごやま”さん、楽しみです。

吉笑さん、現在117名が参加した「令和4年度NHK新人落語大賞」予選を勝ち抜いており、噺館公演2日後の31日に、東西6名の若手落語家によるナンバー1(大賞)を競います。応援してますよー。

FB_IMG_1666777254355

多分、今年最後かな?
1~2ヶ月ごとの草刈り、いつも噺館の庭を気にかけてくれている仲間が来てやってくれました。

20221024_094551
20221024_111920


心地いい疲れ。
春風亭一之輔独演会、“in 噺館”と“in 遊学館”、場所を変えての「噺館寄席」昼夜2回公演が、無事終了した。
期せずして、一之輔師匠の落語を丸1日楽しめるという贅沢な1日となった。
これは、なんと師匠のダブルブッキングによるものだったのです。ラジオのリスナーからの投書で気づいたという今回のダブルブッキング実話が、噺に入る前のまくらで明かされた。
いやあ深刻な話のはずが、こんなにもおもしろく! 会場中がお腹を抱え笑い転げた。
至近距離で芸を堪能する噺館、そして遊学館でのホール落語、どっちもえがったなあ…。

20221019_151010
20221019_200749


噺館に、被爆ピアノがやってきた。
“被爆ピアノ × シュガーシスターズ”と企画した「平和の祈りコンサート 第2弾 ~被爆ピアノとともに時代を超えて愛されてきた名曲たち~」が幕をおろした。
時代を見つめてきた被爆ピアノが自ら語るという設定でのナレーションが入り、私たちの心に残る数々の名曲を紡いでいく音楽物語。
ピアニスト・追川礼章さんが奏でる、優しくも力強い音色の被爆ピアノに合わせ、シュガーシスターズが歌い上げた。
歌、そしてピアノ演奏はもちろん、この構成と演出がすばらしい。
約90年前のこの被爆ピアノの辿ってきた道が脳裏に浮かぶ。
昼夜2回公演、満席のお客様はすてきな世界に魅了された。

20221015_140033
20221015_151902
20221015_151907
20221015_184447
20221014_102145


↑このページのトップヘ