心地いい疲れ。
春風亭一之輔独演会、“in 噺館”と“in 遊学館”、場所を変えての「噺館寄席」昼夜2回公演が、無事終了した。
期せずして、一之輔師匠の落語を丸1日楽しめるという贅沢な1日となった。
これは、なんと師匠のダブルブッキングによるものだったのです。ラジオのリスナーからの投書で気づいたという今回のダブルブッキング実話が、噺に入る前のまくらで明かされた。
いやあ深刻な話のはずが、こんなにもおもしろく! 会場中がお腹を抱え笑い転げた。
至近距離で芸を堪能する噺館、そして遊学館でのホール落語、どっちもえがったなあ…。

20221019_151010
20221019_200749