ついに行ってきました。
ワハハ本舗佐藤正宏さん紙芝居の聖地“夕やけだんだん”へ。
ここを行き交う人は、佐藤さんの紙芝居を目的に来ている人ではありません。佐藤さんの「今から紙芝居をやりますよー」という呼び込みから始まります。1人、2人、3人と集まりだし、拍子木を合図にスタート。紙芝居の中でのお客さんとのやり取りがたまりません。突如、常連客という子どもが乱入、5時7分と言って立ち去っていった。それも笑いに変えていく佐藤さん。
“花咲か爺さん”を観ていた若い女性、白黒で進む紙芝居が、カラーになる場面で涙ぐむ、恐ろしや紙芝居の力。
毎回違ったドラマが生まれる、ここならではの紙芝居を堪能した後は、佐藤さんと乾杯、夕やけだんだんでの想いでの一コマになりました。

20220703_171607
20220703_170905
received_451689666341653
20220703_163155